「プログラミング教育」必修化、誰もが思い込みがちな勘違いとは?

2018.6.12


プログラミング教育が小学校において本格的に必修化が検討されている昨今、子どもを抱える親御さんは必修化と聞いてあらゆる面で期待や心配を寄せていることでしょう。それに加え、プログラミング教育を必修化することに対し、さまざまな勘違いをしている方も多いと思います。そこで今回は、プログラミング教育必修化と聞いて思い込みがちな3つの”勘違い”について解説していきます。

プログラミング教育必修化の勘違い

プログラミングという新教科ができる

文部科学省が発表した「小学校プログラミング教育の手引」によると、プログラミング教育が必修化されるからといって、「プログラミング」という名の新たな教科が導入されることはありません。あくまで従来通りの教科の中で、プログラミングを学習していく方針であり、例えば算数の授業の中で プログラミングを使って正多角形の作図を行ったり、理科の授業の中で 電気の性質や働きについて学んだり、また、総合学習の時間を使って 情報技術に関する探究的な学習を試みたりと、既存の授業の中にプログラミングを取り入れていくスタイルだといいます。

つまり、プログラミングに関する新しい教科書が導入されるわけでもなければ、試験で評価されることもありません。現状、具体的にどの学年でどの教科で、どれくらいの時間を使ってプログラミングを扱うかという規定はなく、各学校サイドで判断していく予定です。

 

プログラミング言語の使い方を学習する

「プログラミング=難しいもの」と認識している方が多いことから、子どもたちは難しいプログラミング言語を習得しなければならないと考える人も多いでしょう。しかし、プログラミング教育の目的は、なにもプログラミング言語の使い方を学習することではありません。文部科学省はプログラミング教育を通じて、育成すべき資質や能力を、“プログラミング的思考”という言葉で表現しており、学習するメインの目的には、物事をうまく解決する考え方を養うことを挙げています。

AI(人工知能)やIoT技術(モノのインターネット)の発達により、現代の子どもたちはこれからの将来において、どのような世の中になるのか見通しが難しい時代を生きると言われています。それに先立ち、”プログラミング的思考”を養うことは、そうした社会で生き抜くために、時代を超越した普遍的な思考力を身につけることが求められているようです。

 

毎回パソコンやタブレットのみを使用する

小学校でプログラミングを学ぶにあたり、パソコンやタブレットを使用する機会はもちろん出てきますが、毎度の授業においてICT機器を用いた学習が行われるかというとそうではありません。”アンプラグド”(電力を使用しない楽器で演奏される音楽)と呼ばれる専用ツールを用いたり、紙とペンだけを使ったり、体を動かしたり、電子機器だけに頼ることなく、”プログラミング的思考”を学ぶ方法はいくつもあります。

小さいうちからパソコンやタブレットに触れる子が増えているといって、そうした電子機器を早くから購入しなければならないといったことはないため、「プログラミング教育必修化=電子機器を買う必要がある」ということにはなりません。

 

まとめ

さて、今回は誰もが思い込みがちなプログラミング教育必修化における勘違いについて紹介しました。

プログラミング教育必修化の背景には、現在深刻となっているプログラム人材の不足も関わっています。しかし、プログラミング教育を通じてプログラミングに携わる人口を増やすことを目的にはしていません。プログラム化が進むこれからの将来において、どれだけ物事をうまく解決する考え方を養えるかが肝となってきます。今後お子さんを小学校に通わせる親御さんは、ぜひこの記事を通じて、プログラミング教育必修化における勘違いを払拭していただければと思います。

embotについて詳しくみる

関連記事