【embot魔改造シリーズ③】これはすごい!思わず驚きの声が出てしまう、力作揃いの4作品

2019.8.19

みなさん、魔改造シリーズ①の記事はもう読んでくれましたか?
embot魔改造シリーズの最終回である今回は、力作ばかりをご紹介します!
現在、embot IDEA CONTESTも開催中ですので、ぜひ作品製作の参考にしてくださいね。

動きがすごい?姿形にこだわりがある?
それぞれの作品をさっそく見ていきましょう!


一家に一台ほしい!働き者のロボットクリーナーでぞうきんがけ

おうちにあるとうれしい、全自動の“ロボットクリーナー”。
放っておくだけで床の水拭きができると、特に赤ちゃんのいる家庭やペットのいるお家で大好評です。

そんなロボットクリーナーがなんと、embotでもできました!(笑)
一生懸命、フキフキ……本体の上部にモーターが設置されていて、両腕の部分がちょうどぞうきんがけのように動くようになっているんですね。

しかも、このロボットクリーナー、基盤やembotコアが本体内にすべてきれいに収納されているのがすごい!
いまはまだダンボールですが、「ぞうきん」部分を布に替えれば本当に床が掃除できてしまいます。

あとは、自動で床を移動して、広い範囲をお掃除できるようになれば完璧!
このembotの進化を待つばかりです。

ファン垂涎!?阿修羅像をembotで再現。

近年、熱狂的なファンが増えているという噂の「阿修羅像(あしゅらぞう)」。
なんとその阿修羅像を、embotで再現してしまったのがこちらの作品!

蜘蛛のように生えた6本の手、くるくると変わるいくつもの顔と表情…それはまさに阿修羅像そのものです。

すばらしい再現度の高さと阿修羅像への愛に、思わず言葉を失って見入ってしまいました。

これからの暑い季節にピッタリ!扇風機でひえひえ〜

こちらは動きにも、姿形にも力が入った作品。その名も「涼み」。

クマがマジックハンドを使って扇風機のスイッチをONにしているのがわかりますか?
しかも、スイッチがつくと緑のLEDが点灯するという小さな演出もニクいですね。

扇風機本体もとても丁寧に作られていて、じっくりと観察してみたくなってしまう逸品ですね。

大きさとこだわりにびっくり!いまにも飛び立ちそうなプロペラ飛行機

まるで映画に出てきそうなプロペラ飛行機。
その大きさと、ダンボールでここまで作ってしまうこだわりに感服してしまいます。
いまにも大空に向かって飛び立ちそうです。

さらに「傾きセンサー」と連動するようにifを使ってプログラミングすれば、タブレットの傾きに連動して左右への旋回も表現でき、もっと楽しくなるかもしれません。


今回も、横浜美術大学のの辻康介准教授の指導のもと、プロダクトデザインコースの学生さんたちが一生懸命作った、4つの作品を紹介しました。

参考にしたいアイディアはありましたか?

あなただけの魔改造embotができたら、ぜひe-Craft運営チームにお知らせくださいね。

embotについて詳しくみる

関連記事