embotとは

embotは、子どもたちの「こんなものを作りたい!」という想いを、ダンボールなどの身近な素材で形にすることができ、プログラミングができるアプリよって、思い描いたとおりに動すことができる、これまでにない新しい「ものづくりプログラミングサービス」です。

パソコンやスマートフォンが当たり前のツールとなっている今、「プログラミングができる!わかる!」のが当たり前になる時代もすぐそこまでやってきているのではないでしょうか。

その世界はきっと”つくる人”と”つかう人”の垣根が曖昧で、誰もが世界を便利にするものをつくることができるのではないかと思います。

今は、プログラミングは難しいと思われがちですが、embotは子どもにとって身近な存在として、子どもが楽しみながら、工夫しながら学べるものでありたいと考えています。

そのため、ロボットの外装はダンボールにして扱いやすくし、切り取る、折る、差し込むといった簡単な行程で組み立てることができます。

さらに、ダンボールに限らず、紙コップや空き箱、牛乳パックなどの身近な素材を使って、自分だけのオリジナルロボットを作ることができます。

子どもでも、工夫次第でいろいろなロボットを作ることでき、子どもたちのアイデアを形にしやすくなっています。

子どもが自分で作り上げたロボットは、プログラミングで動かすことができます。

「作りたい」想いのある子どもがプログラミングでつまづくことのないよう、embotのアプリはプログラミングに取り組みはじめる時のハードルを下げるように設計しています。

アプリではまず、子どもの習熟度によって少しずつ理解を深めていけるように、プログラミングレベルを5段階に設定しています。

レベルは自由に選べるようになっているので、プログラミングはある程度経験がある!という子どもでも、初めから本格的なプログラミングに挑戦することができます。

embotのプログラミングで特徴的なのは、レベル2以降で登場するフローチャート画面です。

フローチャート画面では、プログラムが実際にどのタイミングでどのように実行されているかを確認することができます。

このため、子どもであってもプログラムのデバッグが行いやすく、子どもが自分の力でプログラムを完成させる大きなサポートとなります。

embotは、子どもたちが
「こんなものを作りたい!」と
抱いた想いを大事にしています。

ぜひembotで、アイデアを形にする
ものづくりの楽しさと喜びを、
子どもたちに体験させてください。

よくあるご質問

embot以外に必要なものはありますか?
embotアプリ、embotアプリが動作するデバイス機器(対応OSはAndroid5.0以上、iOS10以上、Windows10。Bluetooth4.0以上搭載のもの。)、単4電池4本、のり、ボールペンのような先の細いもの
プログラミングの知識がなくても遊ぶことができますか?
embotアプリでのプログラミングについて詳しい動画をご用意しております。
以下のサイトをご覧ください。
・embot公式サイト https://www.embot.jp/
・embotユーザーサイト https://app.embot.jp/top
どのように遊べますか?
ダンボールでロボットを組み立てて、アプリでプログラミングをして動かすことができます。
ロボットは、サーボモーターを動かす、LEDを光らせる、ブザーで音階を鳴らす、という機能があります。
アイデア次第で多くの動きをお楽しみいただけます。
動画で様々な遊び方を紹介していますので是非ご覧ください。
embottersのどうがをクリックし、「おうよう」をご覧ください。
https://app.embot.jp/learn/tutorial/links/e1427a78-8a38-4e61-9568-74f98609afec
Q&A一覧

専門家からのコメント

栄藤 稔

大阪大学(Osaka University)教授
みらい翻訳 CEO

人が打ち込んだ命令を機械が実行するというインタフェースがこの50年間続いた様式でした。 そろそろ、機械から人に対して呼びかけがあっても良いと思いませんか?「あなたが知りたいことは、近所の友達候補じゃないの?本当は寂しんでしょ?」とか 「今日は忙しかったからゆっくり休んで、明日考えませんか?」というインタフェースはまだできていません。

私は、コンピュータがユーザーに寄り添ってくれるインタフェース、言い換えればロボットコンテンツができると信じています。その将来のインタフェースを作るのは、今の小学生。 だからこそ、始められる小学校からどんどんプログラミングを導入すべきだと思います。その時、大事なのは、人に寄り添う“テイスト(アジ)”なんです。

embotのデザインはなんだかホンワカしていませんか? 本当はただのダンボールですよ。 でも感情移入しませんか? ただのダンボールだけど愛着が湧きませんか? 人と人、人と機械のコミュニケーションは楽しいはず。子どもたちには単純にプログラミングのコードを書いて楽しむのではなく、 ”embotを次はどう動かそうか”というembotとのコミュニケーションを楽しみながら、プログラミングを学んでほしいです。今の子供たちが将来のコミュニケーションを作ってくれます。

閉じる

及川 卓也

技術アドバイザー(フリーランスコンサルタント)
元グーグル株式会社エンジニアリングマネージャー
元マイクロソフト日本法人グループマネージャー

私がコンピューター科学に興味を持った原点は電子工作でした。 最初は乾電池と豆電球をリード線で結んだような単純なものでしたが、徐々に複雑なラジオ工作も出来るようになりました。 そのときのものづくりの楽しさが、その後コンピュータープログラミングの道に進むきっかけとなっています。

2020年から小学校でのプログラミング教育が始まります。 子どもたちに必要なのは、私が電子工作を通じて得られた「楽しさ」と「発展性」だと思います。 embotはダンボールという身近で拡張性がある素材を利用することで楽しさを、そして習得レベルが上がるに応じて本格的なプログラミングも可能となる発展性を実現しています。 また、安価で予約できるという点も魅力です。子どもたちが楽しくプログラミングを学ぶ教材としてembotに期待しています。

閉じる

増井 雄一郎

株式会社トレタ CTO

ダンボールで出来ているというのがすごく良いですね。 気軽に塗装もできるし、シールとか貼って自分の好みにカスタマイズできるので愛着を持ってくれると思います。 見た目だけじゃなく、イチから作り直すことで歩くロボットを作ることもできるので、想像力豊かな子供であれば、きっと私の考える以上のロボットを作ってくれるでしょう。

歩くロボットを作れば、次はそれを使って競争したりと遊び方を色々考えることができる柔軟性は、初めてプログラムに触る子供にはとても大切だと感じます。 embotはプログラムの枠を超えた楽しみ方ができる良さがあり、初めて手にしたときに「楽しい!」と興味を持てるプログラミング教材になっています。

閉じる

村上 臣

LinkedIn 日本代表

ものづくりの本質を体験できると思います。 思い描いたものがその通り動いた時の感動を得られるかどうか・好きになれるかが、その後続くカギになると思います。 embotではその感動が得られるファーストステップとして良いと思います。

プログラミング教育の課題の一つとして、英語教育と英会話力の乖離のようにならないことが重要かと思います。 現状の一般的な大学のプログラミング授業でさえも、C言語の書き方のようなつまらない授業が多いです。 作りたい!といった目的が先にあって、それを実現できる手段としてプログラミングを学ぶようにすべきだと思います。 ダンボール工作は私も子供のころ大好きでしたが、子供が手近にある素材であれこれと作りたいものを考えながら試行錯誤できるのはとても良い刺激になると思います。 これによって将来実際に使えるプログラミング力が育つことを期待しています。

閉じる

embotは、自分で好きなものを作って動かして楽しむもの。ダンボールロボットを作るだけで終わりじゃないんだ。どんな風に改造できたり、どんなプログラムが作れるのか、ユーザー向けサイト「embotters」をチェックしてみよう!embotを120%楽しんで、キミもembotters(embotのプロってこと)になろう!!

embotters