「embotアプリ」バージョンアップのお知らせ

2022年3月31日に「embotアプリ」がバージョンアップいたしました。
それにあわせて、embotサービスの運営が株式会社インフォディオから株式会社e-Craftに移管されます。

バージョンアップにあたり、以下の記載内容をご確認ください。
※Window版のアップデートについては現在調整中のため、調整でき次第改めてお知らせします。

【バージョンアップ/運営移管にに伴う変更点】

■アプリケーションアップデートにより、提供元が株式会社e-Craft社へ変更します。
アプリをアップデートする際、MDM等でアプリケーションを管理されている場合は、
アップデートによる動作確認のための設定をご確認ください。

■対応OSの変更について
embotアプリの対応するOSが下記の通り変更になります。
・Android 8.0以降
・iOS 13.0以降
・Windows 10:Microsoftのモダンライフサイクルポリシーでサポート期間内のもの。
・Home and Pro:
https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/products/windows-10-home-and-pro
・Enterprise and Edudcation:
https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/products/windows-10-enterprise-and-education
・ChromeOS 87以上

■教育機関等多人数による授業や講習でのアプリ利用について
新アプリでプログラミングをするために原則としてアカウントを作成する必要がありますが、
教育機関など組織単位でまとまったアカウントが必要な場合で、アカウントの付与が難しい場合
現行の運用方法に則したご利用を可能にするための措置を実施することが可能です。
詳しくは購入先の営業担当を経由して弊社までご相談ください。

 

 

【バージョンアップによる新機能の追加について】

■ひらめきAPIに新しいAPIが登場!「ボイスAPI」
最先端の音声合成技術によるAPIを使って指定したテキストをタブレットのスピーカーから読み上げることができるAPIです。読み上げるだけではなく、声の高さや話す速さも変えることができるので、自分好みの声で読み上げることもできるようになります。

ひらめきAPI

■ひらめきAPIの新しい料金プランがスタート
「ボイスAPI」の登場にあわせて、ひらめきAPIシリーズの3つのAPIが月額300円で使い放題になる料金プランをスタートします。新機能「ボイスAPI」を他の2つのAPIと組み合わせることで、ニュースを読み上げたり、天気予報を教えてくれるプログラムが作成できるようになります。
※学校単位・組織単位での利用をご希望の場合は、購入先の営業担当経由で弊社までご相談ください

■「とっておきプログラム」「教えて!WEB先生」「ひらめきAPI」の購入がアプリ内課金に
これまでembottersのサイトで販売していた上記3つのコンテンツをアプリから購入いただけるようになります。「とっておきプログラム」と「ひらめきAPI」は、”アプリで買ってアプリで使う”ことができるようになって便利!「教えて!WEB先生」もアプリ内決済が可能になるので、購入いただきやすくなります。
※学校単位・組織単位での利用をご希望の場合は、購入先の営業担当経由で弊社までご相談ください

2022/3/31

株式会社インフォディオ
株式会社e-Craft