embot WOW!

2021.04.21

【embotでプログラミングを学ぼう⑬】ずっと繰り返すプログラムを作ろう:課題編

目次

    1.【embotレベル】3
    2.【プログラムの技】ずっと繰り返す
    3.【主に使うプログラム】while、wait

解説編で知った新しいプログラムの技を使って、次の課題に挑戦してみましょう。

おやつどろぼうアラームを作ろう

大切なおやつをを盗まれたときに、embotが怒って警告をする仕組みを作ります。おやつ
はタブレットが傾くようにタブレットの下に置いておき、お菓子を取ってタブレットが水
平になったらembotが警告し続けるようにしてください。

解説編と似ていて、[while]ブロックで作れそうですが、お菓子を取られてタブレットが
水平になるまでは静かに待っていなければいけません。待つ仕組みは[wait]ブロックを
使って作ります。

プログラムの解説とポイント

まず、プログラム全体の流れをイメージしてみましょう。

フローチャートで、[start]、[wait]、[while]、[function]、[end]ブロック
を1個ずつ置いて次の図の通り線でつなぎます。

[wait]ブロックと[while]ブロックに「ジャイロY < 5」という条件を設定します。タ
ブレットが水平の状態のときジャイロYは0ですが、0に近づいたところで反応するよう
に、「ジャイロYが5より小さい」を条件にします。

次に[function]のプログラムを作成します。ここではライトと音、手の動きでembotが
警告するプログラムを作成しました。ここは自分の好きなプログラムで構いませんが、繰
り返すのに向く短いプログラムにするのがおすすめです。

フローチャートに戻ってプログラムを実行してみましょう。まず、タブレットの左側の下
におやつを置いて傾いた状態にして、プログラムを実行します。おやつをとってタブレッ
トが水平になるとembotが警告をし続けます。うるさくてこまったら、ふたたびタブレッ
トを右側に傾けてください。警告が止まります。

プログラムを実行した動画をご覧ください。

まとめ

「~の間ずっと繰り返す」を使えば、繰り返しの終わりを回数ではなく、タブレットの傾
きや時刻、方角など何かの状態に応じて決めることができます。使いこなしていろいろな
仕組みを作ってみてください。

もどる

アプリは、embotを購入されていなくても、
お試しいただけます。